オリジナルTシャツを海外の方に贈る場合に気をつけたいこと

オリジナルTシャツ制作が一般的になり誰でも作れるようになった現在では
海外の知り合いにプレゼントする方も珍しくありません。
しかし、Tシャツの内容によってはトラブルになってしまうこともあり、そうした事例も実際にあります。
そうならないためにどんなことに気をつければ良いのでしょうか。

・プリントの文字は贈られる側が読みやすい言語にしよう

海外の方に贈る場合のデザインは相手側にとって分かりやすく受け取りやすいものにしてください。
特にプリントに印字される文などは贈る人や国に合わせた言語にすると良いでしょう。
絵で理解できると言ってもやはり意味を十分に伝えるという意味で文字を合わせるべきです。
ふと訳してみたらマイナスの意味に捉えられてトラブルになった、ということもありえます。

・宗教や差別的な表現には気をつけて

牛や豚が神聖な扱いをされている国があったり、特定の事柄をジョークでも
差別するのが許されない国もあります。
そのため、プリントや装飾でそういった内容にしてしまうと反感をもらいやすく
相手に着てもらうこと自体が難しくなってしまいます。
贈る相手に合わせたデザインにして誰が見ても良く思われるような
オリジナルTシャツにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です